読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越しを安くする方法

引越しを安くする方法を伝授します!単身や家族の引越し、時期やプランなどの条件によって料金は変わってきます。かといって自分でするのは大変です。トラックをレンタルするより安い場合もあります。色んな条件にあった安くする方法を教えます。

段ボールを自分で調達して引越し料金を安くする方法

 

引越しの材料費は意外とコストがかかります。ダンボルーの値段はサイズによりますが1枚100円以上する会社が多いです。空箱はスーパーなどに行けばタダでも貰えますよね?タダの段ボールを使えばその数だけ引越し料金が安くなります。

 

 f:id:niwatorili:20170203093638j:plain

 

何を梱包するのか考える

段ボールを貰うにしても大きさが違うので、まず何を梱包(箱詰め)するのかを考えます。

 

プラスチックの衣装ケースに入っている服などはそのままで基本的に大丈夫です。

3段とかプラスチックケースの場合で、あまりにも重たい場合は箱に詰めた方が良いでしょう。

空にするのはスペース的にもったいないのでタオルなど軽い物を詰めれば良いかと思います。

 

ハンガーなどに吊るしている服は、当日引越し屋さんが専用の箱(ハンガーBOX)を用意している場合が多いので梱包は不要かと思います。

 

ハンガーBOXはおそらく使い回しなので料金は不明です。

もしかしたら使用料が必要かもしれません。

 

ハンガーボックスはこんな箱です。(楽天)

(0079)衣類収納 エコハンガーボックスライト2枚セットの小ロット販売。激安1枚740円!洋服をハンガーにかけたまま運べるエコダンボール箱。ハンガーラックとしても使える (内寸490×490×1080)【エコハンガーBOXライト】

価格:1,598円
(2017/2/3 10:04時点)

 

気になる方は業者に問い合わせしてください。

 

タンスなどの家具が重たい場合は、なかの衣類は箱に入れることになります。

 

他には本や資料など、小物、食器、キッチン用品などがメインになってくるのではないでしょうか?

 

ここでのポイントは箱のサイズを見分ける事です。

①衣類、鍋、フライパンなどは大きめの箱でよい

②本、資料、食器は小さめの箱がよい

 

理由は重さです。

 

本、資料は大きめの箱に詰めると動かすのも大変になります。

 

食器も同様に重たくなりますし詰め方が悪いと破損します。

小さい箱の方が詰めやすいです。

 

段ボールの選び方

段ボールには強度が必要です。できるだけ丈夫なものが良いです。

 

トラック内では箱を重ねて積むので、薄い段ボールの場合は箱がつぶれる可能性があります。

 

サイズは売っている商品を参考にすれば良いので下記が目安になります。

小さい箱で100~140サイズ

大きい箱で130~160サイズ

サイズは縦・横・高さの合計です。(単位はcm)

 

楽天で売ってます。

ダンボール(段ボール) 引っ越し セット(S) (ダンボール箱 大・小 15枚、プチプチ、クラフトテープ)引越・引越し

価格:2,690円
(2017/2/3 09:59時点)
感想(20件)

  

基本的に荷物を詰めて引越し屋さんが持てる重さと覚えてください。

ちょっとくらい重くても大丈夫♪(笑)

 

小さい箱ばかりだとめんどくさいですよ。

梱包した後、部屋の隅に重ねて置くとき難しくなります。

 

箱詰めで必要な物

・ガムテープは(クラフトテープでよい)

・マジック(箱に中身を記載、上と横に書いている方がよい)

・新聞紙(空きスペースに丸めて入れる)

 

段ボールをもらいに行くついでに買ってきた方が効率的ですよ♪

 

箱はなるべく空洞を作らない方が良いです。

空洞が多いと箱が潰れる可能性がありますよ~

 

今回は段ボールの費用を節約して引越しの料金を安くする方法でした。

 

こちらの記事も参考にどうぞ!

記事:引越しは相見積で価格を調査!比較はするべし! - 引越しを安くする方法