読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引越しを安くする方法

引越しを安くする方法を伝授します!単身や家族の引越し、時期やプランなどの条件によって料金は変わってきます。かといって自分でするのは大変です。トラックをレンタルするより安い場合もあります。色んな条件にあった安くする方法を教えます。

安い時期や日程を選んで引越し料金を安くする

引越し料金を安くするには時期や日程を業者の都合に合わせる方法があります。引越しまでの期間に余裕があれば業者が忙しくない日を選ぶと安くなります。経験上、一番忙しいのは3月末の土日かと思います。時期をずらせばそれだけで安くなります。 

 

f:id:niwatorili:20170206115231j:plain

 

引越し料金は時期によって料金が変わる

 

どの業界もほとんど同じかと思いますが需要がある時期は料金が高いです。

 

引っ越し業界も同じで引越しシーズンは依頼を断るくらい仕事が多いです。

そのため、料金が高い時期があります。

 

一番忙しい時期は3月です。

4月から転勤などの会社が多いのでどうしても、3月に集中します。

また、学校も4月から始まりますよね?

一人暮らしで大学に通う人や新社会人など、春はスタートの時期でもあるので引越しのピークです。

 

4月の入学式が終わった頃から依頼は減り料金も安くなる傾向があります。

 

 

時間帯を引越し業者に合わせる 

日程を変更できない場合は、時間帯を業者に合わせる方法もあります。

 

特に一人暮らしの引越しの場合は、業者は1チームで1日に複数件の現場に行っているので業者の都合の良い時間に来てもらうようにすれば、安くなる場合があります

 

家族の引越しでも同様に人数を多めにして1日に複数の現場を回る業者もあるので時間帯を業者に合わせると効果的です。

 

 

時間帯を業者に合わせる時の注意点

時間帯を業者に合わせると何時から作業が始まるか分からないデメリットがあります。

 

事前に予定の時間は教えてもらう事は可能かと思いますが、詳細時間は不明のところが多いです。

 

現場作業での遅れや渋滞など要因はたくさんあります。

 

マンションやアパートの場合、朝早くから引越しの作業をしていると近隣の迷惑になります。とくにマンションでエレベータが少ない場合、朝早くから作業をすると通勤の時間とかぶるので迷惑になります。 逆に夜中になる場合もあります。 

 

気を付ける事のまとめ

・騒音(トラックや足音)

・エレベータの利用

 事前に近所の人には一声かけておいた方が良いです。

 

早朝や夜の場合は業者の方も気を使って作業をしていますが、小さな子供がいる家庭は大変なので、できれば祖父母に預けるなどをした方が良いと思います。

 

 

やっぱりおすすめは日程をずらす方です。

3月でも金土日以外は少しくらいましかもしれません。

 

 

新生活の時期を少しずらせばメリットは他にもあります。

 

マンションやアパートを契約する場合、引越し同様に3月は忙しい時期になります。

 

賃貸の場合は借り手がいないと商売にはなりませんよね?

 

入居者が減った時期であれば交渉で家賃を安くしてもらえる可能性があります。

 

毎月の支払いなので少しでも生活が楽になります♪

 

 

こちらの記事も参考にどうぞ!引越し料金を安くする王道です!

記事:引越しは相見積で価格を調査!比較はするべし! - 引越しを安くする方法